堺市南区保健センターに1歳6ヶ月検診を受けに行ってきたよ!

堺市の1歳半健診で区の保健センターに行ってきました。南区なので区役所の4階ですね。

早めに行こうと思ってましたが、家を出るのが送れ到着したのは受付開始2,3分前。

すでにいっぱい人がいて、20番台目でした。

長女の3歳半診断のときは、10分以上前に着いて5番くらいだったので、早く終わらしたなら15分前ついておけば余裕ですね。

今回の健診は、13:00~13:10が受付で、終了したのが14時過ぎ、掛かった時間は1時間ちょっと。

1歳半健診の流れはこんな感じです。

  1. 受付
  2. お話
  3. 予診
  4. 計測
  5. 診察
  6. 歯科検診
  7. フッ素塗布
  8. 育児相談

受付、お遊び、予診

受付をしたあと、15分くらい保健センターの人とお話、手遊びタイムです。

ギャーギャー動き回っている子もいれば、ずっとお母さんに抱かれている子、寝ている子様々ですね。みんなめちゃかわいい。

1歳6ヶ月児はもれなくかわいいですね。

お父さんと来ている子は数人だけ。意外と少ないのね。平日だから仕方ないか。

 

お遊びタイムが終わったら予診。

番号が遅めの人は先に歯科検診に回されます。

予診では記入してきた問診票に沿って、いろいろと成長状況を聞かれました。

言葉はしゃべれるかとか指で物をつまむことは出来るかとか。

小さい積み木を5つ積み上げることができるかのチェックもありました。

あとは、物差しチェックですね。

6つのイラストを見せて分かっているかどうか指差しでチェックします。

うちの子はひとつもイラストチェックできませんでした。家ではガンガン指差ししているので本番で緊張したんでしょうかね。まぁいいや。

計測、診察

予診が終わったら計測です。おむつ一枚になり、体重、身長などを測ります。

はい、ぎゃん泣きでした。

裸で測りにのせられ、台の上で足を押さえられさぞ恐かったことでしょう。

何をやらされているか分からないとそりゃ恐怖ですよね。私も見知らぬ人の前で裸で体重をさらすなんて恐怖しかないです。

そして、お医者さんの診察。

さらっと問診票を見て、お腹や背中を聴診器で聞いておしまい。やたらすぐ終わりました。

健康なのはいいことだ。

歯科検診、フッ素塗布

つづいては歯科検診。

すっごい泣き声が聞こえてきます。

うちの子も恐れておののいているかと思ったら、のんきに遊んでる。

さっきまで泣いてたのに立ち直り一瞬やな。

歯科検診は問題なしでさらっと終了。

続いて、カリオスタット検査という口の中の虫歯菌濃度を調べる検査をしました。

歯の歯垢を綿棒で採取し、液体の中にいれるだけ。結果が悪い人だけ後日知らせが来ます。

次にフッ素塗布。

なぜか頑なに口を閉ざすわが子。かといって泣くわけでもなく、身体測定で泣かされた抗議なんだろうか。

これは無理やり口を広げたら泣くやろうなと思ったら、りんご味のフッ素を唇につけられて、その美味しさからあっさりと口への進入を許しておりました。どてっ。

そして歯のほうも無事終了。

よかった、よかった。

育児相談や栄養相談をしたい人は別途専門家と相談できます。

無料なのでどんどん活用したらいいと思います。

私は上の子を幼稚園に迎えに行かないといけないので帰りました。

タイトルとURLをコピーしました