ビタントニオのワッフルメーカー「VWH-110」を購入!これで朝ごはんに悩むことなし!

子供がいると朝ごはんになにを作ろうか迷いませんか?

ご飯におかず、汁物にまじめる作ると毎朝ほんと大変です。

うちの子もパンと果物だけっていう日が続くこともたびたび。

そこで前々から気になっていたワッフルメーカーを購入してみました!

ホットサンドなら、チーズ、ハム、ツナ、野菜、卵にお肉、何を入れてもおいしくなる!

ワッフルやたい焼きも作れるのでおやつとして子供たちも大喜び。

意を決してアマゾンボタンをぽちっ。プライム会員なので2日で届きました。

ビタントニオ「VWH-110」を開封

私が購入したのはvitantonio(ビタントニオ)というアメリカブランドのホットサンドメーカー

「VWH-200」というのが新型モデルで、7000円前後で売っています。

私が購入したのは「VWH-110」で旧型モデル。今なぜかすごい値段で売られている!?

アイリスオーヤマやTESCOMといったメーカーよりもお値段が張りますが、最も直火に近いワッフルやホットサンドが食べられます。

ビタントニオのプレートは厚みがあり、900wとハイパワーなので、短い時間で外サクサク、中ふっくらに仕上がるのが売りのホットサンドメーカーです。

説明書、故障したときの保証書も入っています。

プレートは3種類。ホットサンド、ワッフル、たい焼きが1セットずつですね。

本体とプレートだけなので使い方もシンプル。迷うことなしです。

どれも取り外しできるので洗いのも簡単。準備や手入れが思ったより楽そう。

そして、いきなりたい焼きを作ってみました。

たい焼きを作ってみた

材料は以下の通り。大体8個分です。たぶんホットケーキの粉でも大丈夫。

  • 薄力粉150g
  • 砂糖20g
  • 牛乳130ml
  • ベーキングパウダー5g
  • 卵1個

コンセントを挿したら電源が入り、熱が発生します。スイッチみたいなのがないので最初若干あせります。

最新モデルの「VWH-200」は電源スイッチが搭載されたようなので、買うならそっちがいいと思います。はい。

ただ、アマゾンのレビューは旧モデル「VWH-110」のほうが高いですけどね。なんかやったー。

まずは油を敷いて、生地を流しあんこを入れます。入れすぎるとはみ出るよ。

上にも生地をたらして、すぐに蓋。

青いランプが赤に変わったら出来上がりのサインです。

3,4分くらいしたらきれいに出来上がりました。

この外サックサク、ふっくらは本物。

見てください。この可愛いタイ焼きちゃん!

今にも逃げて行っちゃいそう。

ワッフルやホットサンドも作りましたがとってもおいしいです。

ただ、ホットサンドの場合に使う食パンは8枚切りかサンドイッチ用にしたほうがいいかもしれませんね。

6枚切りだったのですごく上から押さえないといけませんでした(笑)。

まとめ

そこそこお値段のする買い物だったので心配でしたが、買って正解でした。

もう何十回も使っているので元は取れたと思います。

気になることは場所をとることくらいですかね。使わなくなるとすぐインテリア化してしまいそうです。

今のところ、子供はホットサンドやワッフル、たい焼きに毎回食いつきまくりで大喜びなので問題ありません。

朝ごはんづくりもぐっと楽になったのでとっても良かったです。

ビタントニオのワッフル&ホットサンドメーカー

タイトルとURLをコピーしました